スペースを広くしたい

スペースを広くしたい

Before

仕事をしていると、時期によりモノの量が増えたり、一時的な増員で席数が足りなくなったり困ることがありますね。

そんな時、もうちょっとスペースが広かったら・・・なんて思ってしまいます。

でも、スペースはすぐに増やそうと思っても、増やすことはできないし、固定費が上がってしまうので経費的なことを考えると

他の工夫で解決できることを考えてみたいですね。

After



整理収納の理論ではモノは、ある決まりごとに従って、分けることが必要です。

1)毎日使用するもの、あるいは閲覧するもの

2)たまに使うもの、いつでも使えるように準備しておくもの

3)ほとんど使わないけれど、持っているもの

4)壊れている、使わないもの

このように分けていくと、少なからず4)の領域に入ってくるものが出てきます。これは「スクラップ」するものと考え、廃棄するか、

他への流用、譲渡などで無くしていきましょう。

次に3)のものは使用頻度が少ないので、現在のフロアーに置くのではなく、書庫や倉庫、あるいは安価な外部倉庫などへ移動させます。

1)と2)は手持ちの量を計ります。同じものをいくつも持っていたり、安いからと言って大量に買ってしまったりしていると、

知らず知らずのうちにスペースを圧迫していきます。

自社で使うものの適正量はどれくらいなのかを考え、多くストックしないように心がけましょう。

このような対策でスペースは十分広く使えるようになります。

課題分類別 テクニック

アクセスランキング