オフィスの整理整頓と生産性

オフィスの整理整頓と生産性

Before

オフィスでは生産性を上げるために整理整頓や5Sに取り組む企業が増えています。

しかし、5Sが生産性を上げるという事を理解していないと

活動自体がマンネリ化し、途中で投げ出してしまうことも、しばしば起こります。

「トヨタのカイゼン」という言葉を聞かれたことがあるともいますが

カイゼンは生産現場だけのモノではなく、オフィスにおいても必要な活動です。

After



そもそもの話ですが

生産性とはいったいどういうものなのでしょうか?

デスクワークが多いオフィスでは、働いた時間に対してできた仕事が成果

つまり企業が生み出した付加価値となります。

つまり、投入した経営資源、この場合は労働時間がそれにあたります。

それによって生み出された付加価値、この場合は仕事量又は質になります。

分数の計算式であらわすと

生産性=生み出された付加価値 ÷ 投入した経営資源

という式になります。

生産性を上げるといううことは、計算上は

分母である「投入した経営資源」を出来るだけ少なくすること

又は

分子である「生み出された付加価値」を大きくするという事になります。

そうすると、オフィスに投入された経営資源には

どのようなものがあるか考えてみましょう。

その仕事のために使った時間

その仕事のために関わった人数

その仕事のために必要だったスペース

その仕事のために必要だった設備 など

様々なものが思い当たりますね。

5Sによって改善されるものは、このよような経営資源の活用に

無駄がないか見つけ出し、無駄があれば取り除いていくことになります。

 


オフィスの整理整頓、5S、ファイリング、文書整理、文書管理、企業向け社員教育でお困りの方は 下記リンクよりお問い合わせください。


課題分類別 テクニック

アクセスランキング