テレワークのスタートは整理整頓

テレワークのスタートは整理整頓

Before

インフルエンザや新型コロナウイルスの影響で、

従業員が休む、あるいは社内での感染防止のため出勤自体を取りやめる

という企業が増えてきています。

この際、在宅勤務やテレワークなどを導入することで、従業員の負担も減らせて

働き方改革にもつながっていくと考える企業は多いようです。

でも単純にテレワークといっても、対策しなければいけないことが多く

その中でも最も重要なことの一つに整理整頓があります。

 

 

After



テレワークを導入しようと思えば、ICTツールやセキュリティ、クラウド化などを思い浮かべますが

そもそも、業務内容の見直しをしなければ、導入はできません。

今まで紙の書類を使って、作業指示や、伝票処理を行っていたとしたら、すべてデジタル化する必要があります。

しかし、オフィスでは紙の文書を発生させないようにしても、まったくゼロにすることはできません。

デジタル化にすると、スペースの削減や、テレワークの対応ができることになるのですが

作業効率を考えると、紙の方が良い場合もかなりあると思います。

また、意図しなくても外部から送られてきたり、郵便物が届いたりなど、対策を考えなければならないものがあります。

そのために、業務を見直し、デジタル化できるものと紙のまま運用するものを区別し、

両方の運用方法を考えます。

そして保管文書には分類という手法が必須になります。

デジタルの有効性は言うまでもありませんが、非効率になることもあるということを意識して

進めていきましょう。

 

オフィスの整理整頓、5S、ファイリング、企業向け社員教育でお困りの方は 下記リンクよりお問い合わせください。全国対応いたします。

 

課題分類別 テクニック

アクセスランキング