整理の極意はオフィスのモノを全部出す

整理の極意はオフィスのモノを全部出す

Before

オフィスでは時間とともにモノが増え、知らず知らずのうちに

モノで一杯になっている。スペースの余裕がなくなっている。

ごちゃごちゃしてきている。動線が使えなくなっている。

などの問題が起きてきます。

必要でないのに置いてある。使わないのに持っている。など

業務上、無くても良いものが増えてしまっているのです。

After



 

こういう状態になると、持っているものをすべて出して棚卸のように

一つづつ、再確認をする必要が出てきます。

「池の水ぜんぶ抜く」という番組をご存じでしょうか。

池の中には絶滅危惧種の国内種や、害となる外来種が入り混じっています。

このなかから、取り除くべき外来種を特定したり、見つけ出したりするのは

非常に困難な仕事です。そのため池の水をいったんぜんぶ抜くことで

国内種を外来種を見分けやすくするのです。

オフィスにあるものもこれと同じです。

様々なものが混在している状態になり、不必要なモノがあっても

それを見つけにくい状態になっています。

そのため、本来必要な物も探し出せなくなってしまいます。

仮に不必要なモノを見つけ出しても、すべて取り除かれたかどうかは判断できません。

この問題を解決するためには、まずオフィスのモノを全部出すという作業が必要になります。

オフィス全体となると大変な作業になってしまいますので

机1台、保管庫1台など作業範囲を小さくして、一回の作業負担が大きくならないよう

複数回に分けて行います。

不必要なモノが全て取り除かれるためには

「全部出す」という作業が必要になるのです。

 

オフィスの整理整頓、5S、ファイリング、文書整理、文書管理、企業向け社員教育でお困りの方は 下記リンクよりお問い合わせください。

 

課題分類別 テクニック

アクセスランキング